2016年09月01日

譲渡料金について

無料譲渡の危険性を回避する為に、完全有料譲渡にご理解とご協力をお願い申し上げます。
沢山の無料譲渡サイトがある中、あえて有料にて譲渡させて頂いて居ります。
「拾った猫を飼ってもらうのだから、飼育料を渡すべき」との意見が少なくありませんが、現実の問題「転売目的」「虐殺目的」の里親希望者に尊い命を騙しとられる&折角巡り合った里親様が「仔猫じゃ無くなった」「成猫じゃ無く別の仔猫が飼いたい」と捨ててしまう身勝手なケースが後を絶ちません。
転売目的」の里親希望者は「30,000円以上支払って入手した猫を転売するには、交通費、通信費、餌代、トイレ砂代の出費を加えると20,000円以上上乗せして転売しないと労力に見合いませんが、50,000円の猫を引き取られる里親希望者は殆どいらっしゃいません。
虐殺目的」の里親希望者は「30,000円以上支払って入手した猫を簡単に殺すには勿体無い」と考えます。
仔猫じゃ無くなったから捨ててしまう場合も、毎回30,000円以上の支払いは厳しくなります。
尊い命を保護&譲渡する者として「転売」「虐殺」「身勝手な里親」から猫を守る責任があります。
有料譲渡にする事で「転売」「虐殺」「身勝手な里親」を大きく回避できる事にご理解とご協力を頂ける方のご連絡をお待ち申し上げます。

※当方はTNRを実施する猫の去勢避妊手術費用を何方からも頂けないのに、里親譲渡する猫だけ手術費用を頂く訳にはいかない&実際には区の補助金で手術費が無料になる&既に地域の方々により手術が完了している、その他、実際に負担していない手術費用を里親様に請求する事は「騙す」事になるのではと考え、現在は去勢避妊手術費用は一切頂戴して居りません。
但し、保護期間に関わらず飼育費用として別途一律20,000円を申し受けさせて頂きます。


                                  オス・メス(一律)税込み
去勢避妊手術
耳洗浄手術
歯石除去(虫歯の場合は抜歯)手術
ウイルス検査(エイズ・白血病)
ワクチン接種 2回
ノミダニ回虫駆除 
検便
マイクロチップ挿入&登録
その他
上 記 合 計                                12,000円
通院交通費                                   3,000円
飼育費用                                   20,000円
総    計                                  35,000円
※ウイルス検査結果&ワクチン接種証明&領収書(医療費&交通費&飼育費用)を御渡し致します。
※去勢避妊手術(麻酔・点滴・1泊)費用は一切頂いて居りません。
医療費用12,000円には耳洗浄手術&歯石除去手術&抜歯手術費用が含まれます。
別途お届け交通費実費(2往復)を申受けます。 

譲渡費用+交通費はトライアル契約時に現金でお支払い願います。
*頂戴した譲渡費用は全額、他の野良猫の保護&診療&飼育に使わせて頂きます。
生き物を飼うという事は「無償の愛」であり「ほどこし」だと思います。
 「自分が飼わない猫への診療費や飼育料の負担はしたくない」と言う方に生き物の飼育は向かないと思われます。
 1匹でも多くの野良猫を保護、診療、里親譲渡を行う為、ご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

尚、1ヶ月の貸出し終了後に正式譲渡に至らなかった場合はお届け交通費以外はご返金させて頂きます。
posted by ドラゴンキャット at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 必ずお読み下さい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176706164

この記事へのトラックバック